サッカーコーチ

松村 泰樹

関西出身。海外生活は10年。サッカー選手として7か国、指導者として4か国(オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・アイルランド)を渡り歩いた元プロサッカー選手。現在はEFAのヘッドコーチ兼代表を務めながら、インターナショナルスクールで体育教員も務め、英語教師、フットサル場運営なども携わりながら、スポーツを通して英語を教える活動を多岐に渡り行っている。

IMG 1151

海外移住歴はオーストラリア4年・ニュージーランド1年・カナダ1年・アイルランド1年・インド1年弱・その他東南アジアやフィジーなどを渡り歩き帰国。選手生活の傍、アフリカ大陸や南米を旅し、世界の文化に触れてきた経験を子ども達に伝える。